教育について

教育というと、こどもを育てて人間としてより良い方向へ発達するように指導・
援助するという意味合いが強調されることもあるものの、
教育には、こどもに対するもののほかに、一般成人や高齢者に対するものもあります。

人々に基礎的な教育を保証するために、日本を含む多くの国では、
6〜9年ほどの義務教育が設けられており、日本においては、
学校教育によって義務教育が担われています。

日本において教育は、行われる場に対応させて学校教育
社会教育家庭教育の3つに大きく区分して捉えられることが多いです。

「学校教育」とは、学校において行われる教育のことであり、
特にこどもに対しては、同年代のこども達を一定期間、
定められた学校で所定の年限の間、心身の発達に応じて行われています。

「家庭教育」とは、家庭において行われる教育のことであり、
特に人間社会において基礎的な事項をこどもに示すことはしつけと呼ばれています。

「社会教育」とは、社会において行われる教育のことであり、
広義には、社会のさまざまな場において行われている多様な
教育活動が該当するといわれています。

また、日本における教育は、知識の伸張(知育)、
道徳の伸張(徳育)、身体の伸長(体育)の3つを中核として捉えられるほか、
キャリア(職業など)や各種資格のための高度な知識的・
技術的な事項を教え伝達する方法がとられています。


学校以外での教育学校外でも、スポーツクラブやボーイスカウト、ガールスカウト、
図書館や博物館、美術館、社会教育センターなどでも学んだり、
体験したり、映画や工作、習い事に参加ということもできます。

社会人になって企業や職場での新人研修から、地位の向上に伴っての
管理職セミナーや技術・専門情報のリフレッシュセミナーもあり、
こうした学校以外の場所での教育を、広く社会教育といいます。

また、学習塾、予備校も、最近は文部科学省でも、
「もうひとつ別の学校」ととらえるようになってきています。

また、不登校の子供たちのための民間の受け皿組織、
フリースクールやフリースペースもやはり学校の一種とみてもいいのでは、
といった考え方もでてきています。

また、如何なる教育機関にも属せず、自宅を中心として自分の意思で
勉強を行うホームスクーリングも近年増えつつあります。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35233129

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。