三歳児神話

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、

乳幼児期は母親の愛情が不可欠であり、
母親が育児に専念しないと子供が寂しい思いをし、
将来的にも取り返しのつかない傷を残す、という経験則を
「根拠無き”神話”である」と評価する概念です。

「三歳児神話」を構成する3つの要素

1,子供の成長にとって幼少期が重要である。

 「三つ子の魂百までも」という諺に代表される考え方。

2,この大切な時期は生みの母親が養育に専念しなければ
ならない、
  なぜならお腹を痛めたわが子に対する母の愛情は
子供にとって最善だからである。

  子供を愛せる人は母親でなくてはならない、というもの。

3,母親が就労などの理由で育児に専念しないと、
  将来子供の発達に悪い影響を残す場合がある。

  しかし、1988年、以下の条件などが完全に整っている
ケースでは、
  専業主婦家庭の子供よりも知的発達や社会性、
  情緒面の発達が優れている例があるという。

  報告(Gottfried 1988)がなされたり、
  育児ストレスや虐待が問題とされたりする中で、
  母親の就労と子供の発達との問題が社会全体で
取り組む課題と考えられている。

 1、働く意義を母親自身が自覚
 2,家族の理解と協力がある
 3,日中の保育環境が優れている
 4,職場が家庭と仕事の両立支援を行っている

  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。