教育基本法

教育基本法は、
日本の教育に関する根本的・基礎的な法律です。

教育に関するさまざまな法令の運用や解釈の基準となる
性格を持つことから「教育憲法」「教育憲章」と
いわれることもあります。

2006年(平成18年)12月22日に公布・施行された現行の
教育基本法は、教育基本法(昭和22年法律第25号)
(以後旧法という)の全部を改正したものです。

前文では、
「たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家を
更に発展させるとともに、世界の平和と人類の福祉の向上に
貢献することを願う」とした上で、この理想を実現するために
教育を推進するとしています。

本則は18条あり、第1章から第4章までに分けられており、
それぞれ

「教育の目的及び理念」

「教育の実施に関する基本」

「教育行政」

「法令の制定」

について規定されています。

教育基本法の構成前文

第一章 教育基本法の目的及び理念
・第1条 教育の目的
・第2条 教育の目標
・第3条 生涯学習の理念
・第4条 教育の機会均等

第二章 教育の実施に関する基本
・第5条 義務教育
・第6条 学校教育
・第7条 大学
・第8条 私立学校
・第9条 教員
・第10条 家庭教育
・第11条 幼児期の教育
・第12条 社会教育
・第13条 学校、家庭及び地域住民等の連携協力
・第14条 政治教育
・第15条 宗教教育

第三章 教育行政
・第16条 教育行政
・第17条 教育振興基本計画

第四章 法令の制定
・第18条

附則
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


三歳児神話

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、

乳幼児期は母親の愛情が不可欠であり、
母親が育児に専念しないと子供が寂しい思いをし、
将来的にも取り返しのつかない傷を残す、という経験則を
「根拠無き”神話”である」と評価する概念です。

「三歳児神話」を構成する3つの要素

1,子供の成長にとって幼少期が重要である。

 「三つ子の魂百までも」という諺に代表される考え方。

2,この大切な時期は生みの母親が養育に専念しなければ
ならない、
  なぜならお腹を痛めたわが子に対する母の愛情は
子供にとって最善だからである。

  子供を愛せる人は母親でなくてはならない、というもの。

3,母親が就労などの理由で育児に専念しないと、
  将来子供の発達に悪い影響を残す場合がある。

  しかし、1988年、以下の条件などが完全に整っている
ケースでは、
  専業主婦家庭の子供よりも知的発達や社会性、
  情緒面の発達が優れている例があるという。

  報告(Gottfried 1988)がなされたり、
  育児ストレスや虐待が問題とされたりする中で、
  母親の就労と子供の発達との問題が社会全体で
取り組む課題と考えられている。

 1、働く意義を母親自身が自覚
 2,家族の理解と協力がある
 3,日中の保育環境が優れている
 4,職場が家庭と仕事の両立支援を行っている

  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ゆとり教育

ゆとり教育(-きょういく)とは、

学習者が詰め込みによる焦燥感を感じないよう、
自身の多様な能力を伸張させることを目指す教育理念です。
ただし、正式な用語ではありません。

日本ではこの理念にそって、1977年(昭和52年)、
1989年(平成元年)、1999年(平成11年)に学習指導要領の
全部改正を行い、授業時数の削減、学習内容の簡易化、
総合科目の新設などを行いました。

しかし、学力低下を招くと批判され、2003年の国際的な調査で
日本の学力低下が明らかになると、文部科学大臣により見直しの
提案がなされました。
ただし、理念・目標そのものは正しいとしています。


批判
今日の世論では、ゆとり教育の実施による学習内容の削減が
基礎学力の低下を招いているという批判・否定的な意見が
非常に多いです。
(一部の塾・学校などでは、ゆとり教育が開始される以前から
このような世論になることを予想していました)。

その一方で、基礎学力の低下の原因がゆとり教育と
決め付けてしまうのは難しく他にも原因があるのではないか、
等の意見もあります。

学習指導要領における学習内容の削減や時数の削減が
教科学力の低下の最も主要かつ決定的な原因であるという
命題は証明されていないという
指摘がある一方、国際的な学力比較で日本の順位が転落したのは
紛れもない事実であり、これ以上の証拠は必要無いという意見もあります。

ゆとり教育が学力低下を引き起こすという危惧を
引き起こしたため、首都圏を中心として児童・生徒が
学習塾に通うようになり
土日も返上して行く子供が増えたり、小中学校の削減分が高校に
上乗せされて内容が過密化しています。

また、基礎学力の低下により
中学高校での学習に支障が出ているとの指摘もあり、
むしろゆとりが減ってしまったと考える人も少なくありません。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生涯教育の理念

近年まで教育は子供や他人に教える、
あるいは教えられるというスタイルが主でした。

教師、親のシナリオに従って学ぶというもので、
20世紀初頭の「児童の世紀」がスローガンになった
大正自由主義教育運動では、それを旧教育と呼びました。

当時、子供の関心、自発性、創造力にシフトすることこそが、
新教育だと考えられたわけです。

最近では更に「自らデザインし、自ら学ぶ」、
「自分で学ぶ」という行為も教育の本来の姿と強調されるようになってきました。

これは、子供に限らず、成人した大人や高齢者、主婦についてもいえることで、
その意味ではユネスコのポール・ラングランが提唱した生涯教育(ただし、これは最近は、生涯学習と言い換えられることが多くなった)の
理念につながっています。

合わせて、ローマクラブ(1970年設立)の第6報告書「限界なき学習」(1980年)が出てから、

「学習は個人単位のものだけでなく、
集団や社会、国家という単位でも過去の失敗や先例から
学習するし、できるはず、国際的な民族、国家間の紛争や経済支援も互いにその原因と背景を学ぶことにより解決の方途を探ることが出来る。」

という言い方もされるようになってきました。

今日、国連やOECDなどの報告の中には、この意味で教育、
学習という単語は散見されるようになっています。

学校教育という意味とはもうひとつの別の教育の意味であるが、
これは国際理解教育(World Studies)という名前で
小中学校の教育活動に既に取り込まれています。


教育について

教育というと、こどもを育てて人間としてより良い方向へ発達するように指導・
援助するという意味合いが強調されることもあるものの、
教育には、こどもに対するもののほかに、一般成人や高齢者に対するものもあります。

人々に基礎的な教育を保証するために、日本を含む多くの国では、
6〜9年ほどの義務教育が設けられており、日本においては、
学校教育によって義務教育が担われています。

日本において教育は、行われる場に対応させて学校教育
社会教育家庭教育の3つに大きく区分して捉えられることが多いです。

「学校教育」とは、学校において行われる教育のことであり、
特にこどもに対しては、同年代のこども達を一定期間、
定められた学校で所定の年限の間、心身の発達に応じて行われています。

「家庭教育」とは、家庭において行われる教育のことであり、
特に人間社会において基礎的な事項をこどもに示すことはしつけと呼ばれています。

「社会教育」とは、社会において行われる教育のことであり、
広義には、社会のさまざまな場において行われている多様な
教育活動が該当するといわれています。

また、日本における教育は、知識の伸張(知育)、
道徳の伸張(徳育)、身体の伸長(体育)の3つを中核として捉えられるほか、
キャリア(職業など)や各種資格のための高度な知識的・
技術的な事項を教え伝達する方法がとられています。


学校以外での教育学校外でも、スポーツクラブやボーイスカウト、ガールスカウト、
図書館や博物館、美術館、社会教育センターなどでも学んだり、
体験したり、映画や工作、習い事に参加ということもできます。

社会人になって企業や職場での新人研修から、地位の向上に伴っての
管理職セミナーや技術・専門情報のリフレッシュセミナーもあり、
こうした学校以外の場所での教育を、広く社会教育といいます。

また、学習塾、予備校も、最近は文部科学省でも、
「もうひとつ別の学校」ととらえるようになってきています。

また、不登校の子供たちのための民間の受け皿組織、
フリースクールやフリースペースもやはり学校の一種とみてもいいのでは、
といった考え方もでてきています。

また、如何なる教育機関にも属せず、自宅を中心として自分の意思で
勉強を行うホームスクーリングも近年増えつつあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。